アバスト! セキュアライン、高まる安全な WiFi 環境の需要に応える

~ 世界中の PC ユーザーの約半数が危険な WiFi ホットスポットにアクセスし、その 3 分の 1 がセキュリティが要求される手続きを行っていることが判明 ~

チェコ共和国プラハ、2013 年 6 月 26 日 – Avast Software は本日、公共の WiFi ネットワーク使用時に通信を暗号化することを可能にするセキュアライン バーチャル プライベート ネットワーク (VPN) サービスを発表しました。これは一般的にセキュリティ対策の施されていない通信からハッカーがコンシューマのデータを盗むという増加する脅威に対抗するアバストの最新のサービスです。アバストが 340,000 人以上の回答者を対象とした世界的なアンケート調査を実施したところ、危険な WiFi の使用が世界共通の問題となっていることが明らかになりました。

「当社はお客様からの高まる需要に応えるためセキュアラインを開発しました」とアバスト CEO である Vincent Steckler は述べます。「米国の PC ユーザーの半数は安全でない WiFi ホットスポットにアクセスしています。そして、その約 3 分の 1 のユーザーはセキュリティが要求される手続き (ショッピング、バンキング、その他パスワードが必要な手続きすべて) を行っています。ハッカーに電波から認証情報を盗まれるというリスクがあるにもかかわらずです。」

WiFi 利用の急速な増加がセキュリティ リスクの増加を助長

アンチウイルス ソフトウェアはコンピュータやモバイル デバイスに対するほとんどの攻撃に対処できますが、公共 WiFi を介した ID やパスワードなどのデータ盗難は深刻な問題となりつつあります。米国では (世界各地でも) 約 50% の人々が公共の WiFi を介して接続し、約 3 分の 2 以上の人々は外出先で安全でないインターネットを毎日使用しています。公共のホットスポットを使用するユーザー数が急速に増え続けるにつれ、ハッカーを引き寄せコンシューマへ影響を及ぼすセキュリティの脆弱性も同様に増えます。

アバストはアバスト! セキュアラインによってコンシューマの抱えるこの問題を解決しました。セキュアラインではセキュア ソケット レイヤー (SSL) 暗号とセキュリティ キー/証明書を使用することにより安全でない WiFi ネットワークを介したインターネット通信を保護します。

「セキュアラインは無料版と有料版両方のアバスト! アンチウイルスに組み込まれているので、1 クリックで有効化して使用することができます」と最高技術責任者の Ondrej Vlcek は述べます。「当社のセキュリティ研究者は定期的に新たな脅威の傾向を観測していますが、安全でない公共のホットスポットから来る脅威の数がかつてないほど多くなっていることが判明しました。それで当社は完全に自動で快適性に最小限の影響しか及ぼさずにユーザーをこれらの危険から効果的に保護することのできるソリューションを開発しました。」

アバスト! セキュアラインはどのように機能しますか

アバスト! セキュアラインはアバストのすべての無料およびプレミアム製品にシームレスに統合されています。アバストのユーザーが安全でない WiFi に接続すると、公共の安全でない WiFi を使用することのリスクの説明とアバスト! セキュアラインを介した安全な VPN 接続を利用できることを示したメッセージが表示されます。そして本サービスを開始するためのユーザ・インターフェースが表示されます。また、このサービスはいつでも前もって有効化することができます。一度有効化されると、アバスト! セキュアラインはユーザーが公共の WiFi ホットスポットに接続するたびに自動的に有効になり、ユーザーのオンライン活動すべてを保護し、匿名化します。

アバスト! セキュアライン VPN はスタンドアロンまたはアバスト! アンチウイルス ソフトウェア内から直接利用することができ、後者の場合何もダウンロードしたり、インストールしたりする必要はありません。Windows PC に対応しており、毎月 $7.99 からご利用いただけます。

ブラウザが古いようです。

1. 2014年4月8日、Microsoft 社が Windows XP 用の Internet Explorer ブラウザのサポートを終了します。それによりコンピュータやデータがマルウェア攻撃の対象になる可能性があります。

2. 選択肢はいろいろありますが、AVAST は 最も安全なオプションを提供している Chrome を推奨します。