弊社は、さまざまなブラウザをサポートしていますが、古すぎるバージョンはサポート対象外です。このウェブページのコンテンツを正しく表示するには、ブラウザをアップデートしてください。

アバストとテクノロジーが COVID 19 にどのように貢献しているか見てみましょう。

アバストは、オンラインでの安全を守るテクノロジーにより、皆さまが安心してデジタルライフを過ごせるサポートをしています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により生活様式が一変し、先行きの不安や心配事が増えている中、弊社はこの非常事態を一刻も早く終息させるため、アバスト基金から、新型コロナウイルス感染症対策に取り組むイニシアティブに対し、2,500万ドル(約 26 億円)の寄付をすることを決定しました。現在の状況から即効性のある資金協力を重視し、世界トップクラスのワクチンの研究・開発組織への寄付を行っていきます。

科学技術を通じてソーシャル グッド(Social Good)を実現するために専門家と提携

当社は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の情勢悪化を深く憂慮し、この非常事態を解決するため、科学的かつ多角的なアプローチを取るイニシアティブを支援しています。このたび、寄付金を通じて、「コロナ・ゼロ連合(COVID-Zero Coalition)」Wellcome によるイニシアティブ)に参加することが決定しています。このイニシアティブは検査方法及び治療方法の開発を推進しており、ウイルス拡散を防止するための大きな役割を担っている研究チームです。

COVID-19 Therapeutics Accelerator と CEPI を支援

アバスト基金は「コロナ・ゼロ行動(COVID-Zero Coalition)」’創設メンバーの 2 人と提携し、それぞれのプログラムを支援するために 2,000 万ドルを寄付しました。2,000 万ドルの寄付金のうち、1,200 万ドルは「新型コロナウイルス感染症療法論アクセラレーター(COVID-19 Therapeutics Accelerator)」に割り当てられます。これはビル&メリンダ・ゲイツ財団Wellcome 財団、マスターカードが中心となり、迅速な検査と、ワクチンなどの新しい治療法の開発による、新型コロナウイルスの予防と治療の研究をサポートするイニシアティブです。

800 万ドルは感染症流行対策イノベーション連合(Coalition for Epidemic Preparedness InnovationsCEPI)の‘出口戦略’に寄付いたします。この戦略では、早急なワクチン開発を通じて検査、治療、予防を推進し、死なずに済むはずの人の命を救うことに取り組んでいます。

その他の技術イニシアティブおよびコミュニティ プログラムの支援

日々自らの生命の危険を冒しながら最前線で戦っている人びととともに、アバストも寄付を通じて、さまざまなコミュニティによる取り組みをサポートしています。コロナウイルス危機に対応したその他の科学的取り組みに対し、追加で 500 万ドルを寄付いたします。具体的には、ウイルスの治療法の発見を目指す Folding@home’のスーパーコンピューティング プログラムなどが対象です。新しい人工呼吸器試作品の開発と製造に関する寄付も行っています。

アバストの専門知識とインテリジェンスにより、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連のサイバー犯罪を阻止

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを取り巻く不透明感と恐怖が募る中、この状況を利己的な目的で悪用しようとする詐欺師とハッカーが急増しています。脅威インテリジェンス チームは、脆弱なユーザーや組織を狙ったサイバーセキュリティ攻撃に関する情報を発信する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の詐欺に関するページを立ち上げました。 

さらに弊社の研究者たちは、重大なセキュリティの脅威に直面している医療機関のサポートに全力を尽くしています。最近ではブルノの病院に対するランサムウェア攻撃や、コスモノシーの精神病院に対するサイバー攻撃の試みなど、チェコ共和国内の医療機関に対する攻撃に対処しました。

ブログ