アバスト! カスタマー & 技術サポート

ご利用の製品を選択してください:

アバスト アンチウイルス: ブートタイムスキャンの実行

アバスト アンチウイルスでブートタイムスキャンを実行する方法

お使いの PC にマルウェアが含まれている疑いがある場合は、アバスト アンチウイルスを利用して、コンピュータの次回再起動時に ブートタイムスキャン が実行されるようにスケジュールを設定できます。これにより、オペレーティング システムとその他のサービスが作動する前に、既知の型のマルウェアがスキャンされ、削除されます。起動中にスキャンを行うと、マルウェアが対抗処置を取る前に検出して削除できる可能性が高くなります。

ブートタイムスキャン はシステムに脅威があることが疑われる場合に使用するために設計された、目的の絞られた高度な機能で、通常は実行にある程度の時間がかかります。定期的に実行するのではなく、必要に応じて実行スケジュールを設定します。

マルウェアによる妨害のために、通常モードでアバストがブートタイムスキャンのスケジュールを設定できない場合は、「セーフ モード」でブートタイムスキャンのスケジュール設定を行うことができます。詳細については、次の記事をお読みください。
  1. アバスト アンチウイルスのユーザーインターフェースを開き、[プロテクション] ▸ [アンチウイルス] ▸ [その他のスキャン] の順に進みます。
  2. [ブートタイムスキャン] を選択します。
  3. [特別な定義をインストールする] をクリックし、次に [PC の次の再起動時に実行] をクリックします。
  4. PC を再起動し、システムの起動中にスキャンを実行します。

ブートタイムスキャンのスケジュールを設定して実行する

アバスト アンチウイルスブートタイムスキャン のスケジュールを設定して実行するには、以下の手順に従ってください。

  1. アバスト ユーザーインターフェースを開き、[プロテクション] ▸ [アンチウイルス] の順に選択します。
  2. [その他のスキャン] をクリックします。
  3. [ブートタイムスキャン] を選択します。
  4. [特別な定義をインストールする] をクリックし、次回のシステム再起動時にスキャンを実行するために [PC の次の再起動時に実行] をクリックします。
    [ブートタイムスキャン] 画面で [特別な定義をインストールする] をクリックすると、アバストはクラウド データベースからすべてのウイルス定義をダウンロードします。特別な定義のインストールをスキップした場合、ブートタイムスキャンでは最後にダウンロードしたウイルス定義のみに基づいてスキャンが行われます。[特別な定義をインストールする] をクリックした後、このオプションは再度表示されなくなります。
  5. PC を再起動します。システムが再起動すると、Windows が読み込まれるときにブートタイムスキャンの進捗画面が表示されます。
  6. 何らかの脅威が検出されたら、事前に [ブートタイムスキャン] 設定 (下記参照) で自動処理を指定してある場合を除き、処理の方法を選択します。

このスキャンには通常、数分かかりますが、システムの動作速度とスキャンするファイルの数によって所要時間は変動します。スキャンが完了するか、スキップされると、Windows の起動が続行されます。

スキャンをスキップするには、キーボードで Esc キーを押します。

ブートタイムスキャン設定を調整する

デフォルトの ブートタイムスキャン 設定を調整するには、以下の手順に従ってください。

  1. [プロテクション] ▸ [アンチウイルス] ▸ [その他のスキャン] の順に進み、[ブートタイムスキャン] タイルにある歯車アイコンをクリックします。
  2. スキャンの様々な面について調整を行います。
    • スキャンする領域: ドロップダウン メニューを使用し、スキャンで分析するデータ領域を指定します。別の領域をリストに追加するには、[追加] をクリックします。領域を削除するには、関連する行をクリックしてから、[削除] をクリックします。
    • ヒューリスティックの感度:: オレンジ色のバーを使用して、必要なヒューリスティック感度のレベルを指定します。ヒューリスティックでは、悪質な意図を持っている恐れのあるコマンドのコードを分析することにより、アバストが未知のマルウェアを検出できます。
    • 不必要な可能性のあるプログラム (PUP) をスキャン: 他のプログラムと共に密かにダウンロードされ、多くの場合に不要な処理を実行するプログラムをブートタイムスキャンで探すには、このボックスに必ずチェックを付けておきます。
    • 圧縮ファイルを展開する: スキャン中にアバストで圧縮ファイルを解凍する場合は、このボックスに必ずチェックを付けておきます。
    • 処理: [脅威を発見した時には次の処理を適用する:] の項目のドロップダウン メニューを使用し、スキャンで検出された脅威への自動的な対応を設定します。
      • 自動的に処理する: ファイルの修復を試みます。処理が成功しなかった場合はファイルをウイルスチェストに移動します。いずれの処理も成功しなかった場合はファイルを削除します。
      • [チェストに移動]: システムに障害を与えることがないウイルスチェストにファイルを移動します。
      • 修復: ファイルが部分的に感染している場合は、悪意のあるコードを削除します。コード全体がマルウェアである場合、この処理は実行不可能です。
      • 尋ねる: 通知が表示され、ユーザーはそのファイルについて特定の処理方法を選択できます。
      • 削除: ファイルを PC から恒久的に削除します。
      • 何もしない: ファイルの内容または場所を変更しません (自動処理としては推奨されません)。
  3. [OK] をクリックして変更内容を保存します。
ブートタイムスキャンで自動処理が行われるように設定する場合は、慎重に行ってください。重要なシステム ファイルが誤検出のために「感染している」と誤って認識された場合、自動処理が設定されていると、ブートタイムスキャンによってそのファイルが削除される恐れがあります。アバストではこのような問題を防止するために多数の対策を講じていますが、誤検出が発生する可能性は常にあります。
  • アバスト プレミア 17.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 17.x
  • アバスト プロアンチウイルス 17.x
  • アバスト無料アンチウイルス 17.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows Vista Home Basic / Home Premium / Business / Enterprise / Ultimate - Service Pack 2、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows XP Home / Professional / Media Center Edition - Service Pack 3、32 ビット

申し訳ございませんがこの記事は選択していただいた言語ではご覧いただけません。現在の言語 で記事をご覧になりますか、それとも選択していただいた言語

記事を参照する ホームページに移動する