アバスト! カスタマー & 技術サポート

ご利用の製品を選択してください:

アバスト アンチウイルス: アバスト メール署名設定の管理

アバスト メール署名を有効または無効にする方法

メール クライアント (Outlook、Mozilla Thunderbird など) を使用している場合、アバストではメールがマルウェアの有無についてスキャンされていることを受信者に知らせるために、送信メールの下部にメール署名を含めることができます。

この設定はデフォルトで有効になっています。アバスト メール署名設定は、以下の方法で管理できます。

送信メールのアバスト メール署名を無効にする

送信するメッセージのアバスト メール署名を無効にするには:

  1. アバスト ユーザーインターフェースを開き、[設定] をクリックします。
  2. [一般] セクションで [アバストのEメール署名を有効にする] のチェックを外します。
  3. [OK] をクリックして設定を保存します。

設定が変更され、送信メールにアバストの署名が含まれなくなります。この設定は、いつでもまた有効にすることができます。

受信メールと送信メールのアバスト署名を有効または無効にする

送受信するメールのアバスト メール署名は、[メール シールド] の設定で有効または無効にできます。この設定にアクセスするには:

  1. アバスト ユーザーインターフェースを開き、[設定] をクリックします。
  2. 左側のパネルで [コンポーネント] を選択し、[メール シールド] の横にある [カスタマイズ] をクリックします。
  3. 表示された [メールシールドの設定] ウィンドウで [挙動] を選択し、ご希望に従って [一般] の項目のボックスにチェックを付けるか、チェックを外します (送信メールに関連する設定はデフォルトで有効になっています)。
  4. [OK] をクリックして変更内容を保存します。

設定が完了し、その後、送信または受信するメールに設定内容が反映されます。

  • アバスト プレミア 17.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 17.x
  • アバスト プロアンチウイルス 17.x
  • アバスト無料アンチウイルス 17.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows Vista Home Basic / Home Premium / Business / Enterprise / Ultimate - Service Pack 2、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows XP Home / Professional / Media Center Edition - Service Pack 3、32 ビット

申し訳ございませんがこの記事は選択していただいた言語ではご覧いただけません。現在の言語 で記事をご覧になりますか、それとも選択していただいた言語

記事を参照する ホームページに移動する