アバストは日々、オンラインの世界を安全に保つために取り組んでいます

アバストは次世代のサイバーセキュリティを担うエキスパートを育成し、オンラインで安全を維持する知識を広く一般に浸透させる努力を通じて、当社のミッションを遂行しています。


サイバーセキュリティのエキスパートを育成

サイバーセキュリティの重要性がますます増大する一方で、それに対応できる技術は非常に不足しています。アバストは大学や機関と提携し、世界各国の非常に優れた人材にサイバーセキュリティ分野で働くよう奨励することで、将来的なセキュリティ問題の解決に今から取り組んでいます。


個人の能力強化

インターネットは私たちの生活の一部になっています。ユーザーのデータがどのように使われているか、子どもたちがどのようなコンテンツにアクセスする可能性があるか、潜在的な脅威をいかに理解するかについて、どれだけ知識があるかが重要です。アバストは自らの専門知識を活用して、オンラインでユーザー自身やその家族の安全を維持するための知識を広く一般に伝えています。


「オンラインで安全を確保する」方法を子どもたちに指導

アバストは有名な YouTuber(ユーチューバー)である Jirka Kral 氏と組んで、チェコ共和国各地の学校を訪問し、子どもたち、教師、保護者を対象に、デジタル世界で安全を確保する方法を教えています。参加者はソーシャル メディアやオンライン ゲームで安全を維持する方法やプライバシーを保護する方法について、楽しみながら多くのことを学んでいます。2018 年は年間を通じて、全国各地の学校を訪問する予定です。

カリフォルニア大学アーバイン校サイバーセキュリティ政策研究所と提携

アバストはカリフォルニア大学アーバイン校などの大学と提携して、セキュリティ業界で活躍できる有能な人材の育成に努めています。アバストは同研究所のスポンサーとアドバイザーを務めています。最近では、カリフォルニア大学アーバイン校が未来のサイバーセキュリティ エキスパート育成を目的に行った、高校生を対象とするサイバーセキュリティ カリキュラムのプログラムにおいて、スポンサーを務めました。

価値観


ケンブリッジ ハッカソンで実体験 アバストは、年間を通じて複数のハッカソンにサイバーセキュリティのエキスパートを派遣しています。実体験の機会を提供し、新世代のサイバーセキュリティ エキスパートの育成を図っています。 今年のケンブリッジ ハッカソンには、サイバーセキュリティに関心を持つ何百人ものエキスパートが集まりました。 彼らにアバストのハック チャレンジに挑戦してもらったところ、非常に熱心に取り組む参加者の姿も見られました。