アバスト! 無料モバイルセキュリティ

アバスト! 無料モバイルセキュリティ

悪意のある攻撃から身を守り、紛失したまたは盗難にあった機器の所在を確認する。

アバスト! モバイルセキュリティ - Google Play にて5ッ星を獲得。

Google Play ストアにて5ッ星中 4.5 ッ星の評価!

アバスト! 無料モバイルセキュリティ は携帯機器にアンチウイルス機能と、窃盗者から見えないトラッキング機能を提供します。

Android 用アンチウイルス

アバスト! モバイルセキュリティ はマルウェアや悪意のあるアプリケーションからあなたを守ります。

かかってくる電話と SMS メッセージをフィルタリング

特定の電話番号からの電話または SMS メッセージをブロックできます。

紛失または盗難にあった機器を探せる

盗難対策機能によりリモートで電話の所在を確認し回収する手助けをします。

セキュリティの状態を監視

ホームスクリーンのウィジェットにより簡単にアクセスでき一目で状態が確認できます。

感染したウェブサイトを警告

ウェブシールドがマルウェアに感染した URL を読み込もうとすると警告します。

ファイヤーウォールを追加することでハッカーの攻撃をブロックできます。

電話がルート化している場合はファイアウォールを追加できるので有能なハッカーでさえも電話に寄り付けません。

ネットワークデータと Wi-Fi の使用を追跡

データの使用量を追跡することにより月々の限度により近づくことができます。

タイプミスした URL を自動で修正

サイト訂正が有効になっているようであればタイプミスした URL での問題を防ぎます。

アバスト! モバイル セキュリティ

強化機能! アバスト! ウィジェット

電話のデスクトップ上に状態バーを表示し、Android 用アンチウイルスアプリに簡単にアクセスが可能。

強化機能!ウェブ上で操作

アバスト! アカウントウェブポータル より電話の盗難防止機能を直接操作。

強化機能!サイト訂正

タイプミスした URL を自動で訂正し「自動リダイレクト」または「確認要求」オプションより選択可能。

強化機能!ネットワークメーター

3G および/または Wi-Fi 接続によりどのくらいのデータを送受信したか分かる。変更したいときはアプリマネージャにて日、月、年ごとに統計を見られる。

強化機能!ユーザインターフェース

タブレット用に最適化したのでアバスト! モバイルセキュリティを Android が搭載されたタブレットでも使用可能。

アバスト! モバイル セキュリティ

アンチウイルス

インストールされているすべてのアプリとメモリカード内のデータに対するオンデマンド検査、さらにアプリの初回実行時点でのオンアクセス検査を実行します。また、検査のスケジュール設定、ウイルス定義ファイルの更新、アプリのアンインストール、ファイル削除、ウイルス研究所への誤検出の報告などのオプション機能も備えています。

プライバシーレポート

検査実行後に(グリッド)アクセス権限およびインストールされたアプリの意図を表示し、プライバシーリスクを明らかにします。このため、個々のアプリに対しどれほどの自己情報がわたっているのかがわかります。

SMS/ 通話 フィルタ

曜日、開始時刻、終了時刻に基づく既定のパラメータを使用して、住所録にある相手の通話やメッセージにフィルタ機能を適用します。ブロックされた通話はボイスメールにリダイレクトされ、メッセージがブロックされた場合にはフィルタログに記載されます。また、通話の発信をブロックすることも可能です。

アプリケーションマネージャ

Windows タスクマネージャに類似する機能で、稼働中のアプリとそのサイズ(メガバイト)、CPU 負荷、使用メモリ、スレッドおよびサービスの数を一覧表示します。また停止またはアンインストールのオプションも備えています。

ウェブシールド

Android 用 アバスト! ウェブ シールド は アバスト! ウェブ評価 の一部で、画面に読み込まれる個々の URL を検査し、マルウェアに感染している URL を読み込もうとしている場合に警告を発します。

ファイヤーウォール

ファイヤーウォールを追加することでハッカーの攻撃をブロックできます。WiFi や 3G 回線使用時 、および携帯ネットワークをローミングで使用している場合は、アプリのインターネットアクセスを無効にします。(ルートの携帯電話のみに対応。)

アバスト! 盗難対策

アプリ偽装機能

アバスト! 盗難対策 は、ダウンロードした後でアプリ名を別の名称に変更することができます(「ピノキオ ゲーム」などのように)。アタッカーがアプリを検出し削除しようとする作業は、これによってより困難になります。

ステルスモード

盗難対策機能が有効になるとアプリケーションのアイコンはトレイ上に表示されなくなり、また音声その他の表示もまったく行われないため、アプリは「目に見えない」状態となり、アタッカーによる検知や削除がより困難になります。

信用できる SIM カードの一覧

盗難の警告を始動せずに使える、信用できる SIM カードの「ホワイトリスト」を確立することができます。またこのリストは簡単に消去することができ、携帯電話に現在入っている SIM カードのみを信用できるカードとすることもできます。

バッテリの節約

盗難対策機能 は、タスクを実行する必要がある場合のみに起動します。このためバッテリを無駄に消耗することがない上、アタッカーがアプリをシャットダウンすることも非常に困難になっています。

SIM カード差し替え通知

電話が盗難に遭い別の(不正な)SIM カードが挿入された場合、その電話はロックされ、サイレンが起動し、電話の新規の番号と今どこにあるのかがアプリのユーザーに通知されます(通知はリモート機器に送信されます)。

自衛

盗難対策機能 では、様々な自衛技術でアプリケーションのコンポーネントを偽装することでアンインストールされないよう保護が図られており、アタッカーによる削除が(特にルートの携帯電話において)きわめて難しくなっています。ルートの携帯ではハード リセットから立ち直ることもでき、さらに電話の USB ポートを無効にすることもできます。

リモートでの設定変更

ルートの携帯電話へのインストレーションプロセスはセットアップウィザードに従って実行します。インストレーションは、携帯にアプリを直接ロードするか、または更新ファイルを生成する形で行われます。盗難対策機能 をルートの携帯にインストールする上でコマンドラインの知識は必要ありません。アプリケーションのアップグレードもサポートされています。

リモート機能

リモートサイレン

携帯で大きな音のサイレンを起動させるオプションを備えています。サイレンは、携帯の窃盗犯が消音しようとしても最大音量に戻るようになっています。サイレン音はカスタマイズすることもできます(自分で録音したサウンドを使用する、ファイルから別のサウンドを選ぶ、など)。

リモートロック

ユーザーのデータを保護するため、携帯はリモートからロックできるようになっています。ロックすると、ユーザーがあらかじめ設定したパスワードを入力しなければ再びアクセスすることはできません。

電話設定へのアクセスをロック

携帯のアプリケーションマネージャと電話設定の両方またはいずれかをリモートでロックする機能を有効にします。

リモートからのメッセージ表示

携帯(ロックされた携帯でもロックされていないものでも)の画面に、カスタマイズされたメッセージ(返信すると何らかの見返りがあるようにするものなど)をリモートから送信できます。

リモート検索

GPS、WiFi、また最大の精度を得るためにモバイルネットワークを介して、携帯電話の所在場所をリモートから検索します。検索は一度または継続的に行うことができます。GPS は、ルートまたはルート以外のすべての携帯(Android の 1.6 から 2.2 のバージョン)で自動的に有効にすることができます。

リモートからのメモリの消去

全メモリカードの物理データの確実な消去を含めて、携帯の全データ(連絡先、通話ログ、SMS/MMS、ブラウザ履歴、アプリケーション、Eメールアドレス)の完全で永続的な消去をリモートから始動します。Android の 2.2 以降のバージョンがインストールされた携帯が対象です(これより前のバージョンでは機能が制限されます)。

リモートからの通話起動

失くした携帯から正規の持主に対し通話を発信させることができます。この際スクリーンは真っ黒になり、携帯の窃盗犯には何も見えないようになります。これにより携帯の周りの状況を音声で確かめることができます。

リモート転送

通話データと SMS メッセージの両方またはいずれかを別の機器に転送やコピーするオプションをリモートで有効/無効にすることができます。リモート機器に送信されるのは、通話そのものではなく通話データです。ただし SMS メッセージはその全容が送信されます(「CC」は元の機器にも転送されます)。

リモートでの「行方不明」の通知

SIM カードが差し替えられた場合と同様の措置(携帯のロック、サイレン起動、USB ロックなど) を始動する「行方不明」コマンドをリモートで発信することができます。「行方不明」のコマンドは、「所在地判明」のコマンドにより無効になります。

履歴データのリモートからの問い合わせ

通話ログ、連絡先、SMS メッセージをリモートから問い合わせることができます(それぞれ別々の SMS メッセージとして転送されますが、フィルタを適用できます)。

SMS のリモート送信

携帯から別の電話への SMS 送信をリモートで始動できます。これにより、携帯をどこかに置き忘れた場合でも、着信通話や SMS メッセージに応答することができます。

リモートからの再起動

SMS コマンドにより携帯電話を再起動させることができます。再起動後は SIM の PIN コードが必要となるため、結果的にその携帯はロックされます。(ルートの携帯電話のみに対応。)

バッテリ残量低下通知

携帯電話から別の機器に「バッテリ残量低下」通知を送信することができます。

リモートでの設定変更

盗難対策機能 の設定はすべて、リモートから変更できます。

アバスト! 無料モバイルセキュリティではウェブまたは SMS 経由で紛失したまたは盗難にあった電話を操作できます。 どのように電話を操作したいですか?

SMS コマンドの構造

SMS コマンドはすべて、ユーザーのアバスト! でのパスワードから始まります。例えばアバスト! でのパスワードが「2222」の場合なら、ロックのコマンドは次のようになります:
2222 LOCK

LOST

サンプル:2222 LOST 携帯電話が「LOST」の場合のコマンドです。このコマンドでは、保護としてどの動作が設定されているかに基づいて、SIM カードが差し替えられた場合と同様の措置が起動されます。

FOUND

サンプル:2222 FOUND 携帯電話が「FOUND」 の場合のコマンドです。このコマンドにより、携帯の施錠とサイレン警報が無効になります。

LOCK

サンプル:2222 LOCK 携帯電話を施錠します。

UNLOCK

サンプル:2222 UNLOCK 携帯電話の施錠を解除します。

MESSAGE <メッセージの内容>

サンプル:2222 MESSAGE 電話を返還せよ。 携帯にメッセージを表示させます。キャンセルすることもできます。固定メッセージを表示するには、「LOCK」と「SET LOCKTEXT」のコマンドを使用します。

SIREN ON

サンプル:2222 SIREN ON サイレンをオンにします。

SIREN OFF

サンプル:2222 SIREN OFF サイレンをオフにします。

LOCATE

サンプル:2222 LOCATE 携帯がどこにあるのかを検索します。

LOCATE <分単位の間隔>

サンプル: 2222 LOCATE 5 携帯を連続的に追跡します。

LOCATE STOP

サンプル:2222 LOCATE STOP 連続的な追跡を停止します。

CALL [電話番号]

サンプル:2222 CALL サンプル: 2222 CALL +43660333555 何の番号も指定しない場合、このコマンドではユーザー自身が電話を受けることになります。番号を指定すると、その番号に通話が発信されます。

FORWARD SMS [電話番号]

サンプル:2222 FORWARD SMS サンプル:2222 FORWARD SMS +43660333555 何の番号も指定しない場合、着信の SMS はコマンドを送信した電話に警告なしに転送されます。番号を指定すると、着信の SMS はその番号に転送されます。このコマンドは、SMS の転送に関してそれまでになされた設定のすべてに優先するものです。

この転送は、FORWARD SMS STOP コマンドを発するかまたは アバスト! 盗難対策 を起動することでキャンセルできます。

CC SMS [電話番号]

サンプル:2222 CC SMS サンプル:2222 CC SMS +43660333555 「FORWARD SMS」と同じですが、ここでは転送後に SMS が削除されないため、転送された SMS は対象の番号に配信されます(「CC」は「カーボンコピー」をさします)このコマンドは、SMS の転送に関してそれまでになされた設定のすべてに優先するものです。

この転送は、CC SMS STOP コマンドを発するかまたは アバスト! 盗難対策 を起動することでキャンセルできます。

CC CALLS [電話番号]

サンプル:2222 CC CALLS サンプル:2222 CC CALLS +43660222333 このコマンドでは、着信通話についての SMS 通知を要請できます。何らかの別の番号が指定されていない場合、通知はコマンドを発した携帯に送信されます。このコマンドは、通話の転送に関してそれまでになされた設定のすべてに優先するものです。

世界各地のネットワーク間で動作に差があるため、通話の直接転送はアプリケーション機能としては取り入れられていません。転送設定はまた、アタッカーの目から確実に隠すことができません。

この転送は、CC CALLS STOP コマンドを発するかまたは アバスト! 盗難対策 を起動することでキャンセルできます。

CC ALL [電話番号]

サンプル:2222 CC ALL サンプル:2222 CC ALL +43660222333 「CC SMS」と「CC CALLS」のコマンドを結合させたものです。このコマンドは、SMS および通話の転送に関してそれまでになされた設定のすべてに優先するものです。

この転送は、CC ALL STOP コマンドを発するかまたはアバスト! 盗難対策 を起動することでキャンセルできます。

WIPE

サンプル:2222 WIPE 携帯電話からすべてのデータを消去します。

GET <クエリ制限> SMS

サンプル:2222 GET 10 SMS SMS メッセージを問い合わせます。

GET <クエリ制限> INBOX SMS

サンプル:2222 GET 10 INBOX SMS 受信済みの SMS メッセージを問い合わせます。

GET <クエリ制限> SENT SMS

サンプル:2222 GET 10 SENT SMS 送信済みの SMS メッセージを問い合わせます。

GET <上述参照> SMS FOR <電話番号>

サンプル:2222 GET 10 SMS FOR +43660333555 指定した電話番号に一致する SMS メッセージを問い合わせます。

GET CONTACTS

サンプル:2222 GET CONTACTS アドレス帳にある連絡先を問い合わせます。

GET LOG <クエリ制限>

サンプル:2222 GET LOG 10 通話と SMS ログを問い合わせます。

LAUNCH

サンプル:2222 LAUNCH アバスト! 盗難対策 のユーザ・インターフェースを起動します。

CLOSE

サンプル:2222 CLOSE アバスト! 盗難対策 のユーザ・インターフェースを閉じます。

REBOOT

(ルートの携帯電話のみに対応) サンプル:2222 REBOOT 携帯機器を再起動します。

SET OWNER <持主の名前>

サンプル:2222 SET OWNER Charles Chaplin 携帯機器の持主の名前を変更します。

SET PASSWORD <アクセスコード>

サンプル:2222 SET PASSWORD 3333 アバスト! でのパスワードを変更します。新しいパスワードは4~6 桁で構成してください。

SET FRIEND 1 <電話番号>

サンプル:2222 SET FRIEND 1 +43660122220192 1番目の友人の電話番号を変更します。有効な携帯番号を指定してください。

SET FRIEND 2 <電話番号>

サンプル:2222 SET FRIEND 2 +43660122220192 2番目の友人の電話番号を変更します。有効な携帯番号を指定してください。

SET ONLYFRIENDS <友人名>

サンプル:2222 SET ONLYFRIENDS 1 SMS コマンドの認証モードを変更します(0 = すべての番号を許可、1 = 友人のコマンドのみ許可)。

SET LOCKMODE <施錠モード>

サンプル:2222 SET LOCKMODE 1 携帯電話での施錠による保護の動作を変更します(0 = 施錠しない、 1 = 自動施錠)。

SET SIRENMODE <サイレンモード>

サンプル:2222 SET SIRENMODE 1 サイレンによる保護の動作を変更します(0 = 施錠時点でのサイレンなし、1 = 施錠時にサイレンをならす)。

SET APPLOCKMODE <アプリ施錠モード>

サンプル:2222 SET APPLOCKMODE 1 プログラムマネージャまたは携帯の設定での保護動作を変更します(0 = 有効な設定なし、1 = プログラムマネージャを拒否、2 = 携帯設定を拒否)。

SET USBLOCKMODE <USB 施錠モード>

(ルートの携帯電話のみに対応) サンプル:2222 SET USBLOCKMODE 1 USB デバッグアクセス保護の動作を変更します(0 = USB デバッグアクセスをブロックしない、1 = lock USB デバッグアクセスをブロックする)。

SET FORCEDATAMODE <フォースデータモード>

(ルートの携帯電話のみに対応) サンプル:2222 SET FORCEDATAMODE 1 フォースデータ接続での保護動作を変更します(0 = フォースデータ接続を行わない、1 = フォースデータ接続を行う)。

SET BATTERYSMSMODE <バッテリモード>

サンプル:2222 SET BATTERYSMSMODE 1 バッテリ残量低下通知の保護動作を変更します(0 = バッテリ低下を通知しない、1 = バッテリ低下を通知する)。

SET LOCKTEXT <固定テキスト>

サンプル:2222 SET LOCKTEXT +4313283483 の番号にかけてください カスタマイズされた固定テキストを変更します。

SET AUTOGPS <GPS モード>

サンプル:2222 SET AUTOGPS 1 GPS が自動的にオンになるのを有効または無効にします(0 = 無効にする、1 = 有効にする)

SET WIPEMODE <消去モード>

サンプル:2222 SET WIPEMODE 1 徹底的な消去を有効または無効にします(0 = 無効にする、1 = 有効にする)

SET PROTECTION <保護モード>

サンプル:2222 SET PROTECTION 1 盗難対策機能 保護を有効または無効にします(0 = 無効にする、1 = 有効にする)
注意:このコマンドで アバスト! 盗難対策 システムが完全に無効になり、このコンポーネントからの保護を受けられなくなります。

独自のリモートコマンドの実行

アバスト! 盗難対策 は携帯電話の任意のプログラムを起動でき、また作動中のプログラムにデータを送信することができます。

SMS コマンド:<アクティビティまたはサービス名、完全修飾名> <引数>

サンプル:

「2222 at.domain.package.Activity Test」では、.domain.package.Activity でのアクティビティまたはサービスが開始されます。ここでは「Test」がパラメータです。
「2222 at.domain.package.Activity This is my command line」では、.domain.package.Activity でのアクティビティまたはサービスが開始されます。ここでは「This is my command line 」がパラメータです。

アクティビティまたはサービスは、パッケージのルートに配置しなければなりません(サブパッケージはサポートされていません)。

データ転送はインターネットを介して行われます:

Intent i = new Intent();
i.setFlags(Intent.FLAG_ACTIVITY_NEW_TASK);
i.putExtra("number", origNumber);
i.putExtra("cmd", data);
i.setComponent(cName);

これは、(サービスまたはアクティビティ内で)ストリングの追加の番号の中にある送信者番号を識別したり、ストリングの追加コマンドのコマンドを識別したりできることを意味します。

盗難対策機能では常に、まずアクティビティを起動しようとします。アクティビティが何もなければサービスを起動しようとし、これに失敗すると SMS のエラーを報告します。

セキュリティ機能をさらに強化できる
プレミアムパックの提供を開始しました。

ジオフェンスで境界を設定

スマートフォンが設定された境界の外に持ち出されると指定した動作 (例: ロック、サイレン、位置情報の送信) をします。

アプリロックでアプリへのアクセスを制御

制限数なしでアプリをロックしてアプリに対する不正なアクセスを防ぎます。

デバイスへのアクセスセキュリティを高める

ロック解除に3回失敗するとアクセスをロックし、ロック解除しようとした人の写真を撮ります。

広告を使用しているアプリを検知

広告を検知し、追跡システムの詳細情報を表示します。

premium

ブラウザが古いようです。

1. 2014年4月8日、Microsoft 社が Windows XP 用の Internet Explorer ブラウザのサポートを終了します。それによりコンピュータやデータがマルウェア攻撃の対象になる可能性があります。

2. 選択肢はいろいろありますが、AVAST は 最も安全なオプションを提供している Chrome を推奨します。