個人情報窃盗とは何か?

個人情報窃盗には 2 つの種類あります。1 つは、泥棒が盗んだ個人情報を使用してその人の名前でクレジットカード口座や携帯電話サービスなどの新しい口座を開く場合です。もう 1 つは、泥棒が盗んだ個人情報を使用してその人の既存の口座へのアクセス権限を入手し、本人が異変に気付く前に大金を費やす場合です。インターネットによって、個人情報窃盗はかつてよりはるかに容易になりました。現在、個人データにアクセスし、オンライン ショッピングで多額の買い物をするのは非常に簡単なことです。

Identity theft
個人情報窃盗はどのようにして起こるか?

ワールド ワイド ウェブでは、泥棒は人々の個人データにアクセスするためにあらゆる種類の不正な方法を使うことができます。例えば、ウイルスを配布してコンピュータを感染させる、フィッシング詐欺メールを送信し、騙してパスワードやその他の情報を明らかにさせようと試みる、オンライン活動やキー入力操作をのぞき見するなどですが、ネットワーク活動を監視して最も重要な個人データをすべて傍受することさえあります。

個人情報が盗まれた場合にどのようにして認識するか?

残念ながら、一般にクレジットカード窃盗の形跡が最初に表れるのはその後の初めての請求書が届いたときか、利用可能枠がゼロになったと通知されたときです。複雑な陰謀では、詐欺師は被害者の携帯電話番号を使用して多額の料金がかかる外国の特別な番号に電話をかけ、その番号の運営者からキックバックを受け取ります。極端ではありながら徐々に一般的になりつつあるケースとしては、本人にまったく覚えのない購入代金を集金するために借金取立人が家にやってきて初めて個人情報窃盗の被害に遭ったことが分かることがあります。

個人情報窃盗を修復する方法

窃盗の規模と、いかに迅速に対策を講じるかにより、損害は対処可能なレベルに収まる場合と、巨額に上る場合があります。個人情報が盗まれたことを立証でき、取引先の銀行に即座に連絡して対処した場合、非常に容易にお金を取り戻して、生活も元の状態に戻ることがあります。しかし、それ以外の場合、事は簡単には収まりません。例えば、与信評価が数年にわたって低レベルになったり、犯罪の被害者であることを銀行に納得してもらえなかったりする場合があります。この理由のため、個人情報窃盗に対する最善の防御策は、常識を働かせて安全にインターネットを利用するよう努め、PC を保護された状態に保つことです。

個人情報窃盗を防ぐ方法
  • パスワードや個人情報に関するデータは誰にも提供しない
  • ダウンロードするものはすべてチェックし、マルウェアではないことを確認する
  • 金融機関の口座は注意深く監視し、1 日の取引額の最大値を設定する
個人情報窃盗から身を守りましょう

実世界で個人情報窃盗から自分自身を守るための最善の方法は、パスポート、運転免許証、身分証明書など、すべての身元確認書類を人目に付かない安全な場所に保管することです。オンラインで身を守る方法も同様で、これを行うための最善の方法は、アバスト無料アンチウイルスなどの堅固なアンチウイルスを使用し、すべての個人情報を泥棒やハッカーの手の届かないところに保管することです。

アバストをお勧めする理由
  • 業界専門家から常に「最優秀」の評価を獲得しています
  • 世界中の 4 億人のユーザーに信頼されています
  • 「PC パフォーマンスへの影響が最も少ないアンチウイルス」です (AV Comparatives)
  • 最良の機能 - 解読不可能なパスワード セキュリティ、ホーム ネットワークの保護、ブラウザ クリーンアップ、その他多数
  • すべて無料
無料ダウンロード