We support browsers, not dinosaurs. Please update your browser if you want to see the content of this webpage correctly.

パッチ マネジメント

パッチ マネジメントは、エンドポイント セキュリティの重要な基盤を築きます。全体的な保護を改善し、作業を簡素化します。

Windows デバイスでのみ使用可能
パッチ マネジメントとは

パッチ マネジメントとは

パッチ マネジメントとは

Windows オペレーティング システムや他のアプリケーション ソフトウェアでは、脆弱性やセキュリティ ギャップを修正するためのパッチがリリースされています。パッチがタイミングよく適用されない場合、ネットワークは深刻な危険にさらされる可能性があります。

ほとんどの企業がパッチの重要性を認識していますが、適切に適用している企業はわずかです。パッチの数が多すぎ、適用すると作業が中断されることが多く、他のシステムに問題を引き起こす可能性があるためです。

パッチ マネジメントは、重要なパッチの特定とデプロイ、および進行中のアクティビティの監視を中央集中型のクラウド管理ダッシュボードから簡単に行えるようにして、こうした問題を解決します。

使いやすいコンソールで自在に制御

自動パッチが、Windows オペレーティング システムおよび多数のサードパーティ製ソフトウェア アプリケーションを自動的に修正し、更新します。

アバスト ビジネス パッチ マネジメント
1,610

パッチ適用の仕組み

すべてのデバイスで未適用のパッチをスキャン
パッチ スキャンの頻度を毎日、毎週、毎月のいずれかから選択し、スキャン実行の日時をスケジュールできます。
パッチをデプロイ
すべてのベンダー、ソフトウェア アプリケーション、重要度に対してパッチが自動適用されますが、不要なパッチは必要に応じてアプリケーション パッチの適用から簡単に除外できます。
パッチ ステータスを確認
未適用のパッチ、パッチ名、重要度、リリース ノート、リリース日などを、ダッシュボードから簡単に確認できます。

アバスト パッチ マネジメントとは

柔軟なデプロイ スケジュール
希望の時間にスケジュールを設定して、組織のデバイスまたは個人用デバイスに承認済みのパッチをデプロイするか、手動でデプロイします。
マスター エージェントの機能
未適用のパッチをすべてマスター エージェントにダウンロードし、ネットワーク内のすべてのマネージド デバイスにスムーズにパッチを配布します。
直観的に使えるダッシュボード
すべてのソフトウェア パッチを管理し、インストール済み、未適用、適用失敗のパッチの情報をあらゆるデバイスから確認できます。
パッチ スキャン結果
未適用のパッチ、セキュリティ レベル、ナレッジ ベースへのリンク、リリース日、説明など、詳しい結果を 1 つのプラットフォームに表示します。
カスタマイズ可能なパッチ
スキャンとインストールを行うパッチのソフトウェア ベンダー、製品、重要度を選択します。簡単な操作でアプリケーションの除外を作成します。
自動スキャン
24 時間ごとの自動パッチ スキャン実行をスケジュールし、特定の日付にパッチを配布するよう設定します。このデフォルトの設定はいつでも変更できます。
多数のパッチ
Windows オペレーティング システムとその他何千ものサードパーティ製ソフトウェア アプリケーションにパッチをデプロイし、包括的に保護します。
ロールバックと無視
個別のデバイスにおいてパッチが不安定なときは、パッチをロールバックするか無視するだけで、そのパッチが結果画面に表示されたり再デプロイされたりしなくなります。

クラウド管理コンソールでパッチを入手

パッチ マネジメントと他のアンチウイルス製品はクラウド管理コンソールを通じてデプロイされます。1 つのプラットフォームからすべてのデバイスのエンドポイント セキュリティをシームレスに管理できます。パッチ マネジメントはコンソールからのみ管理できます。

パッチ マネジメントを使いこなすために必要な情報

はい。パッチ マネジメントがアップデートを提供できるように、Windows Update センターまたはグループ ポリシーを通じて、デバイスの Windows Update 設定を調整することを強くおすすめします。

Windows Update サービスは無効にしないでください。パッチが正しくデプロイされるように、[手動] または [自動] に設定してください。さらに、各対象マシンの Windows Update 設定([コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [Windows Update] > [設定の変更])を [更新プログラムを確認しない] に設定してください。

パッチのデプロイはリモート マシンのローカル システム アカウントで実行されるため、これが許可されていることを確認してください。

アバスト ビジネス アンチウイルス製品のソフトウェア アップデーターは、パッチ マネジメントと競合するため、段階的に廃止されます。

パッチ スケジュールは、[デバイス設定] > [ポリシー] > [パッチ マネジメント] > [ステップ 2] の順に選択して設定できます。パッチ マネジメント ポリシーが適用されるすべてのデバイスとグループは、設定されたスケジュールに従います。

[パッチ] ページには、コンソールに接続されているすべてのデバイスについて、不足しているすべてのパッチの概要が表示されます。[デバイス] ページには、デバイスの一覧が表示され、[デバイスのパッチの結果] タブで個別のデバイスに不足しているパッチを特定します。

計 6 件のレポートで、ベンダーに見当たらないまたはインストールされているパッチの重要度、およびソフトウェア アプリケーションに関する詳細情報を提供します。

パッチが適用されるデバイスの数は、コンソールの [ライセンス] セクションで確認できます。

mac OS X デバイス向けパッチ マネジメントは、2020 年後半にサポートされる予定です。

次の理由が考えられます。

  1. 現在、これらのデバイスにパッチをインストール中です。パッチが正常にインストールされた後、コンソールと同期されます。
  2. パッチのインストールが失敗した可能性があります。その場合、パッチ デプロイ スケジュールに基づいて再インストールがスケジュールされます。
  3. デバイスはオフラインです。

[デバイス設定] > [ポリシーを選択] > [パッチ マネジメント] タブの順に移動して、パッチ デプロイ スケジュールを変更したり、ベンダーやアプリケーションを除外したりできます。

はい。1 回の操作で、各デバイスとデバイスのグループに手動でパッチを適用できます。

パッチは次のいずれかのステータスとなります。

  • スケジュール済み:グレーのアイコン:パッチが承認され、デバイスへのデプロイがスケジュールされています
  • デプロイ済み:緑のアイコン:パッチはデバイスに正常にデプロイされています
  • デプロイに失敗:赤のアイコン:デバイスにパッチをデプロイできませんでした
  • 未適用:黄色のアイコン:デバイスに適用されていないパッチです
  • スキャンを待機:グレーのアイコン:デバイスでのパッチ スキャンの実行を待機しています
  • スキャンに失敗:赤のアイコン:デバイスでパッチ スキャンを実行できませんでした

数秒から数時間かかる場合があります。デバイスにダウンロードされるパッチのサイズ、更新中のソフトウェア アプリケーション、デバイスのハードウェアによって時間は異なります。

はい。マスター エージェントとして選択したデバイスを使用してソフトウェア アプリケーション パッチを保存し、ネットワークの他のデバイスに配布できるため、帯域幅を節約できます。マスター エージェントを選択しない場合、デバイスはソフトウェア アプリケーション パッチをインターネットから直接ダウンロードします(非推奨)。