アバストがサポートするのはブラウザーです。古代の恐竜ではありません。このウェブページのコンテンツを正しく表示するには、ブラウザーをアップデートしてください。

パッチ マネジメント

強力なエンドポイント セキュリティ基盤の構築は不可欠ですが、ウイルス対策だけでは十分ではありません。アバスト ビジネス パッチ マネジメントは、深刻な脆弱性を特定し、1 つのダッシュボードから簡単にパッチを配置することで、パッチ適用における推測の必要性を排除します。

Windows オペレーティング システム専用。

3,310円

デバイス 1 台、1 年間

すでにアバスト ビジネス管理コンソールをご利用の場合は、ログインの上、パッチ マネジメントをご購入いただけます

パッチ マネジメントは、多層エンドポイントのサイバーセキュリティにおいて重要な役割を果たします。

Patch Management

パッチ マネジメントは、エンドポイントのサイバーセキュリティにおいて重要な役割を果たします。Windows オペレーティング システムや他のアプリケーション ソフトウェアでは、脆弱性やセキュリティ ギャップを修正するためのパッチがリリースされています。 パッチがタイムリーに適用されない場合、ネットワークが深刻な危険にさらされる可能性があります。

ほとんどの企業はパッチの重要性を認識していますが、パッチの数が多すぎ、パッチを適用すると操作が中断されることが多く、パッチが他のシステムに問題を引き起こす可能性があるため、多くの企業は適切に適用していません。

パッチ マネジメントが搭載された新しいアバスト ビジネス アンチウイルス製品は、重要なパッチの特定と配置、進行中のアクティビティの監視を 1 つのダッシュボードから簡単に行えるようにすることで、これらの問題を解決しました。 

パッチ適用の仕組み

1

不足しているパッチについてすべてのデバイスをスキャンする 

パッチ スキャンの頻度を毎日、毎週、毎月のいずれかから選択し、スキャンを実行する時間をスケジュールします。

2

パッチを配置する

すべてのベンダー、ソフトウェア アプリケーション、重要度には自動的にパッチが適用されますが、アプリケーションにパッチを適用しない場合は簡単に除外することもできます。

3

パッチ ステータスを確認する

コンソールから、適用されていないパッチ、パッチ名と重要度、リリース ノート、リリース日などを簡単に確認できます。

Patch Management

包括的なパッチ マネジメントでアプリケーションのセキュリティを強化し、脆弱性を阻止します。

脆弱性を阻止

Windows オペレーティング システムと他のサードパーティ ソフトウェア アプリケーションを自動的に最新の状態に保つことで、起こりうる脆弱性やセキュリティ ギャップを阻止します。

コンプライアンスを確保

会社や法令順守のためのセキュリティ パッチがインストール済み、またはインストールに失敗した状態、また古くなったソフトウェアを特定します。

一元管理

1 つのコンソールからすべてのデバイスのスキャン、スケジュールの設定、レポートの受信を行うことで、すばやく簡単なパッチ マネジメントを実現します。

お使いのエンドポイントは安全ですか?

当社が最近実施した 50 万台のエンドポイントのセキュリティ評価では、すべてのパッチ テストに合格したのはわずか 29% でした。  また、分析した 50 万台のデバイスのうち、100% パッチが適用されていたのはわずか 304 台でした。

パッチ マネジメントの機能

柔軟な配置スケジュール

業務上望ましい場合は、承認済みパッチを適用します。

ローカル パッチ エージェント

適用可能なすべてのパッチは、ネットワーク内のマネージド デバイスにパッチを配布するマスター エージェントとして機能する、ローカル デバイスにダウンロードされます。

直観的に使えるダッシュボード

必要なすべてのソフトウェア パッチを管理し、管理対象デバイスにインストールされているパッチ、不足しているパッチ、失敗したパッチの概要をグラフィカルに表示します。

パッチ スキャン結果

管理コンソールからパッチ スキャン結果を表示して、特定のアップデート(KB)、セキュリティ情報リンク、リリース日、説明などの不足しているパッチに関する詳細を確認します。

カスタマイズ可能なパッチ

スキャンとインストールを行うソフトウェア ベンダー、製品、パッチの重要度を選択します。配置ポリシーにベンダー、製品、重要度の除外を追加します。

複数のレポート

デバイスのソフトウェアの正常性とセキュリティを判断するのに役立つ、さまざまな設定可能なレポートを使用できます。

何千ものアプリケーションに対応

当社が提供するパッチは、Windows オペレーティング システムをはじめ、その他の何千ものサードパーティ製ソフトウェア アプリケーションに対応します。例:

何千ものアプリケーションに対応 アプリケーションの全リストを見る

パッチ  マネジメントを管理コンソールから入手

パッチ マネジメントとすべてのアバスト ビジネス アンチウイルス製品は管理コンソールを通じて配置されるため、1 つのプラットフォームからすべてのデバイスのエンドポイント セキュリティをシームレスに管理できます。パッチ マネジメントはコンソールからのみ管理できます。

管理コンソールの詳細を見る

すでにアバスト ビジネス管理コンソールをご利用の場合は、ログインの上、パッチ マネジメントをご購入いただけます

Patch Management - Management Console

 管理コンソールでパッチのステータスを簡単にチェックできます。

アバスト ビジネス パッチ マネジメント

Windows オペレーティング システムと何千ものサードパーティー製ソフトウェア アプリケーションを、自動的に修復して更新します。

Windows オペレーティング システム専用。

3,310円

今すぐ購入する 30 日間無料試用

すでにアバスト ビジネス管理コンソールをご利用の場合は、ログインの上、パッチ マネジメントをご購入いただけます

30 日間返金保証

よくある質問

システム要件

パッチ マネジメントを使用する前に Windows Update をオフにする必要がありますか?

はい。パッチ マネジメントがアップデートを提供できるように、Windows Update センターやグループ ポリシーを使用してデバイスの Windows Update 設定を変更してください。

Windows Update サービスは無効にしないでください。パッチが正しく配置されるように、[手動] または [自動] に設定してください。さらに、各対象マシンの Windows Update 設定([コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [Windows Update] > [設定の変更])を [更新プログラムを確認しない] に設定してください。

パッチ マネジメントを使用する前に行う必要がある、ハードウェアまたはソフトウェアの変更はありますか?

パッチの配置はリモート マシンのローカル システム アカウントで実行されるため、これが許可されていることを確認してください。

ソフトウェア アップデーターはどうなりますか?

アバスト ビジネス アンチウイルス製品のソフトウェア アップデーターは、パッチ マネジメント サービスと競合するため、段階的に廃止されます。

グループやデバイスにパッチ スケジュールを設定するにはどうすればよいですか?

パッチ スケジュールは、[デバイス設定] > [ポリシー] > [パッチ マネジメント] > [ステップ 2] の順に選択して設定できます。パッチ マネジメント ポリシーが適用されるすべてのデバイスとグループは、設定されたスケジュールに従います。

[パッチ] ページと [デバイス] ページの違いは何ですか?

[パッチ] ページには、コンソールに接続されているすべてのデバイスについて、不足しているすべてのパッチの概要が表示されます。[デバイス] ページには、デバイスの一覧が表示され、[デバイスのパッチの結果] タブで個別のデバイスに不足しているパッチを特定します。

すべてのマネージド デバイスのパッチ ステータスを確認するにはどうすればよいですか?

不足しているパッチやインストール済みパッチの重要度、ベンダー、ソフトウェア アプリケーションについては、合計 6 つのレポートで詳細情報を提供します。

パッチが適用されるデバイスの数はどこで確認できますか?

パッチが適用されるデバイスの数は、コンソールの [ライセンス] セクションで確認できます。

Mac OS X デバイスにパッチが適用されないのはなぜですか?

Mac OS X デバイス向けパッチ マネジメントは、2019 年後半にサポートされる予定です。

パッチが配置された後も、一部のデバイスにパッチが適用されないのはなぜですか?

次の理由が考えられます。

  1. 現在、これらのデバイスにパッチをインストール中です。パッチが正常にインストールされた後、コンソールと同期されます。
  2. パッチはインストールに失敗した可能性があります。その場合、パッチ配置スケジュールに基づいて再インストールがスケジュールされます。
  3. デバイスはオフラインです。

パッチ スケジュールの変更や除外の追加はどこでできますか?

[デバイス設定] > [ポリシーを選択] > [パッチ マネジメント] タブの順に移動して、パッチ配置スケジュールを変更したり、ベンダーやアプリケーションを除外したりできます。

1 回の操作ですべてのデバイスにパッチを適用できますか?

はい。1 回の操作で、個別のデバイスとデバイスのグループに手動でパッチを適用できます。

パッチにはどのようなステータスがありますか?

パッチは次のいずれかのステータスになります。

  • スケジュール済み: グレーのアイコン - パッチが承認され、デバイスへの配置がスケジュールされています
  • 配置済み: 緑のアイコン - パッチはデバイスに正常に配置されました
  • 配置に失敗: 赤のアイコン - デバイスにパッチを配置できませんでした
  • 不足: 黄色のアイコン - デバイスにパッチが不足しています
  • スキャンを待機: グレーのアイコン - デバイスでパッチ スキャンの実行を待機しています
  • スキャンに失敗: 赤のアイコン - デバイスでパッチ スキャンを実行できませんでした

デバイスにパッチを適用するにはどれくらい時間がかかりますか?

数秒から数時間かかる場合があります。デバイスにダウンロードされるパッチのサイズ、更新中のソフトウェア アプリケーション、デバイスのハードウェアによって時間が異なります。

マスター エージェントに設定したデバイスでパッチをダウンロードして、他のデバイスに配置できますか?

はい。マスター エージェントに選択したデバイスを使用してソフトウェア アプリケーション パッチを保存し、ネットワークの他のデバイスに配布できるため、帯域幅を節約できます。マスター エージェントを選択しない場合、デバイスはソフトウェア アプリケーション パッチをインターネットから直接ダウンロードします(非推奨)。

  • Windows オペレーティング システム:
  • アバスト ビジネス製品は以下のエディションでサポートされています:Windows 7(Service Pack 1)、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 - Windows 10 Pro、Windows 10 Education、Windows 10 Enterprise。アバスト ビジネス製品は、Windows 10 の以下のサービス ブランチでサポートされています:Current Branch(CB)、Current Branch for Business(CBB)、Long-Term Servicing Branch(LTSB)。アプリの有効期間中はこのサポートが継続されます。
  • サーバー:
  • Windows Server 2016(64 ビット版)
  • Windows Server 2012(64 ビット版)
  • Windows Server 2008 R2(64 ビット版、Server Core 版を除く最新の Service Pack 付き)
  • Microsoft Exchange Server 2016(64 ビット版)
  • Microsoft Exchange Server 2013(64 ビット版)
  • Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2(64 ビット版)
  • ハードウェア:
  • Intel Pentium 4 / AMD Athlon 64 CPU(SSE2 命令をサポートするもの)、256 MB 以上の RAM および 2 GB のハードディスク空き容量。