We support browsers, not dinosaurs. Please update your browser if you want to see the content of this webpage correctly.

オールインワン サイバーセキュリティ ソリューション

MS(S)P が顧客の安全を確保し、保護対策を行って、そのビジネスを拡大できるよう設計されたクラウド型の多層セキュリティです。

少ない時間と人数で顧客を保護できます。

中小企業の最大の課題解決を支援します

効率向上が必要ですか?
多くの中小企業ではリソースが限られています。そのため、顧客のビジネス拡大をサポートし、社内リソースを最大限に活用できる、簡素で拡張性のある、管理しやすいソリューションが常に求められています。
熟練スタッフを採用するのに苦労していますか?
現在はこれまでになく、熟練したセキュリティ専門家を見つけ雇用し続けることが困難になっています。今日の中小企業は、こうした専門家に対する依存度を減らすよう、使いやすく管理の容易な、オールインワンの総合的セキュリティ プラットフォームを必要としています。
コストの削減が必要ですか?
ビジネスを成功させ、サービスを犠牲にせず利益性を維持することは、ときとして大変な苦労を伴います。MSP は、効率を向上し総保有コスト(TCO)を削減できる、オールインワンの信頼できるプラットフォームを必要としています。

オールインワン サイバーセキュリティとは

これまでのマネージド サービス プロバイダー業界では、アンチウイルスと物理的なファイアウォール装置だけで顧客のデバイスやネットワークを保護できると考えられていました。現在は、あらゆるものがオンライン化されてクラウドに移行しているため、セキュリティ ソリューションもそれに合わせて変化する必要があります。

従来型のソリューションでは、顧客は巧妙なセキュリティ侵害にさらされてしまいます。これまでのファイアウォールやデータ センターは拡張性がなく、維持コストもかかります。そのため、顧客はリモートの作業者に関連するリスクを含むセキュリティの欠陥に対して脆弱になります。

従来のネットワーク アーキテクチャは、現在の環境では持ちこたえられません。総合的な保護のため、顧客には、次世代エンドポイント プロテクションとクラウド型ネットワーク セキュリティ ソリューションズを組み合わせた、ユーザーをいつでもどこでも保護できるオールインワン セキュリティが必要です。

オールインワン ソリューションがクラウドで実現される理由

クラウド型 従来型セキュリティ
セキュリティはユーザーの下で確保されます。ビジネスの境界がなくなります。クラウド型ソリューションを使用することで、顧客のユーザーは時間と場所を問わず保護されます。
セキュリティはデータ センターに限定されます。外のユーザーはサイバー攻撃から保護されません。
簡素さ。設備を段階的に廃止することで、製品の提供を簡素化し、コストを削減できます。アバストのソリューションは使いやすく維持が簡単で、必要なリソースも少なくて済みます。
複数のセキュリティ ベンダー製の設備を展開し維持することは手間がかかります。また、パッチ、更新、ハードウェアのアップグレードなどが継続的に必要です。
ソリューションはクラウド内でホスティングされます。ハードウェア関連の料金、装置の設置、オンサイト訪問、更新スケジュールなどは不要です。1 つのダッシュボードですべてを管理できます。
ソリューションが物理的なデータ センターでホスティングされるため、作業スペースや定期的なオンサイト訪問が必要となります。
無限の拡張性。最新機能と無制限のユーザーを、簡単に、しかも費用をかけずに追加できます。
セキュリティの拡張性はありません。新しいオフィスに拡張する必要がある場合、新しいデータ センターと巨額の先行投資が必要となります。
総合的。クラウド セキュリティは、SSL や CDN など、送受信トラフィックのすべてのバイトをスキャンできます。
スキャンには限界があります。従来のセキュリティ設備のほとんどは、暗号化された(SSL)トラフィックを検査できません。
統合化。目的別の製品が 1 つのプラットフォームに統合されていることで、顧客のデバイス、アプリケーション、データ、ネットワークの管理と保護が容易になっています。
複雑なサイバーセキュリティツールを個別に使用して、複数の顧客を管理することは困難です。

オールインワン ソリューション = 多層セキュリティ

MSP として、クラス最高レベルのセキュリティを顧客に提供し、競合他社との差別化を図り、利益率を向上する必要があります。顧客に多層セキュリティ手法を提供することで、この目標に向かうための基礎を築くことができます。

ネットワーク防御に最適なセキュリティ層のタイプには、次のようなものがあります。

いかなる種類のサイバー脅威も顧客に影響しないようにするためには、複数のセキュリティ層が必須です。

データレベル セキュリティ

  • クラウド バックアップ - ファイルなどを保護するバックアップと回復ソリューションによって、費用のかさむダウンタイムを回避できます。
  • Eメール セキュリティ - メール通信のセキュリティを確保し、スパムをメール ボックスからブロックします。

エンドポイントレベル セキュリティ

次に示す機能を備えた堅牢なエンドポイント プロテクションです。

  • ウェブ シールド - 危険なウェブサイトを開く前にブロックします。
  • スマート スキャン - パフォーマンスやセキュリティ上の問題がないかすばやく確認します。
  • サイバーキャプチャー - 疑わしいファイルを分析するため、アバスト脅威研究所に送信します。
  • 挙動監視シールド - デバイスで危険なプログラムやアプリケーションをブロックします。

アプリケーションレベル セキュリティ

  • パッチ マネジメント - 重大な脆弱性を突き止め、更新プログラムをすばやくエンドポイントに配置します。

ネットワークレベル セキュリティ

ゲートウェイのセキュリティを確保し、時間や場所を問わず、無権限のアクセスを防御し、暗号化されたトラフィックを介して伝搬する脅威をブロックします。

ハードウェアには制限されずに、ビジネスを無限に拡張できます。

MSP にどのように影響しますか?

ハードウェアには制限されずに、ビジネスを無限に拡張できます。
脅威の情勢は急速に展開しているため、顧客の要求に後れを取らないソリューションが必要です。
複雑なツールを個別に使用して、複数の顧客のセキュリティを管理することは困難です。
ビジネスの遂行はクラウドに移行しつつあり、顧客を保護するにはクラウド型のセキュリティが必要です。
オンプレミスの設備はクライアントにとってコストがかかり、拡張性もなく、多大な投資とメンテナンスを必要とします。

マネージド サービス プロバイダー向けに構築。
オールインワン セキュリティ。分かりやすい 1 つのプラットフォーム。

クラウドケアを使用すれば、顧客をサポートし、最大の課題を解決できます。

クラウドケアにはセキュリティ サービスを網羅したセットが備わっています。
使いやすさと、顧客が必要とする多層セキュリティ サービスを提供します
中小企業は顧客体験と定着率を向上させることができます。
拡張が容易で、顧客のビジネス ニーズの拡大に対応できます
複数の顧客とそのデバイスに対する、究極の可視性と管理機能を提供します。
クイックスタート プログラムで中小企業をサポートし、ビジネスの成長を促進します