アバストがサポートするのは最新のブラウザです。このウェブページのコンテンツを正しく表示するには、ブラウザをアップデートしてください。

ケース スタディ

Bleam 社はセキュア インターネット ゲートウェイを採用し、急成長中の BI 分析クライアントにクラウド ベースの保護を提供しています。

企業情報

Chris Murray 氏は、中小企業がサイバーセキュリティのリスクを理解し、サイバー犯罪者やデータ侵害のはるか先を進めるように支援することに重点を置く Bleam Cyber Security 社(所在地:英国サウス ヨークシャー カウンティのシェフィールド)を設立しました。

Bleam 社が重点を置いているマネージド セキュリティ、インシデント対応、コンサルティングには、サイバーセキュリティに対する同社の情熱が反映されています。「当社は従来のマネージド サービス プロバイダーとは異なります」と Murray 氏は説明しています。「私たちは、小規模企業のお客様がそのセキュリティ目標を達成することだけでなく、エンタープライズグレードのクラウド セキュリティ テクノロジーの利点を活かすことも目標にして、自分たちが抱えているサイバー リスクを理解できるように支援しています」

同社は、複数の市場セクターの企業および組織(その多くが特定の規制またはコンプライアンス要件を抱えています)にサービスを提供しています。Murray 氏は次のように述べています。「当社は必須のセキュリティ機能とコンサルティング サービスの提供を通じて、お客様が Cyber Essentials、Cyber Essentials Plus、ISO 27001 などの規格の認定を取得するとともに、GDPR(一般データ保護規則)に準拠できるようお手伝いしています」

また次のように補足しています。「私はサイバーセキュリティに関して少しオタクめいたところもある人間です。当社の最終的な目標は、当社のお客様がそのセキュリティ目標を達成し、セキュリティ態勢を継続的に強化することです」

課題

Bleam 社のサイバーセキュリティを特に重視する姿勢は、中小企業に特化した高度なセキュリティ テクノロジーがなく、経営陣がサイバー リスクの責任を負わないという Murray 氏の不満に端を発しています。

Murray 氏の説明によると、「中小企業のセキュリティ ニーズへの対応に関しては、以前から市場に大きなギャップがいくつもありました。セキュリティ テクノロジーを開発するベンダーを見る限り、大半は中小企業対応に関心がないか、ソリューションが複雑すぎて簡単には採用できません」「現在デジタル イニシアティブを採用している中小企業の多さ、仮想環境で働く従業員の増加ぶりを考えると、この市場では高度なエンドポイント プロテクションとネットワーク保護が絶対に必要であることはおわかりでしょう。ところが、そのようなものは文字どおり皆無だったのです。特にモバイルを使った仕事のやり方がますます浸透していることを踏まえると、エンドポイントとユーザーにセキュリティを集中させる必要があります」

Bleam 社のクライアントである Simpson Associates 社はまさにこの課題に直面していました。同社はヨークに拠点を置くデータ アナリティクス コンサルティング企業で、英国全土の官民両セクターの組織にデータとパフォーマンスの管理ソリューションを提供しています。同社は急増する分散型従業員に対応するため、またユーザーのウェブ活動の可視性を確保するために、より高度なウェブの保護機能を必要としていました。また同社は監査に対応し、業界認定を取得して市場で効果的に競争するために、継続的なネットワーク インサイトも必要としていました。

Murray 氏の説明によると「Simpson Associates 社は複雑なセキュリティ ニーズを抱えたアジャイルな最先端ビジネスです。このチームは社内の IT ツールセットに追加することも、管理やメンテナンスの手間を増やす必要もない特定のセキュリティ機能を必要としていました」

解決策

Simpson Associates 社のニーズと同様の課題を抱えている他のクライアントに効果的に対応するために、Bleam 社が選んだ方法は、アバスト ビジネス チームと連携し、アバスト ビジネス セキュア インターネット ゲートウェイ ソリューションとそのプライベート アクセス(ZPA)エディションを提供することでした。

「セキュア インターネット ゲートウェイは中小企業のセキュリティ事情を一新できる技術です。インターネット トラフィックの SSL 検査がきわめて重要な現代のセキュリティ要件の解決は、これまでファイアウォールとオンプレミス アプライアンスを使用して行われてきました」とMurray 氏は説明しています。「セキュア インターネット ゲートウェイのテストと評価を終えてすぐに、当社はこのソリューションがすばらしいものだと実感しました。脅威検出と保護のレベルは、非常に高度なエンタープライズ ソリューションと比べても遜色ないのに、管理は簡単で、追加コストが発生せず、人的リソースも必要としません」

セキュア インターネット ゲートウェイは、レガシー システム、オンプレミス セキュリティ ハードウェア、統合脅威管理(UTM)アプライアンスによって引き起こされるセキュリティのギャップをなくすように設計されています。アバスト ビジネス クラウドケア プラットフォームから提供され、総合的なエンタープライズグレードのクラウドベース セキュリティを提供し、エンドポイントとネットワークの両方を保護します。

SSL/TLS インターネット検査、侵入防止システム(IPS)、ファイアウォール、サンドボックス機能などのネットワーク セキュリティ サービスを迅速かつ簡単に提供、管理できます。すべてのセキュリティ ルール、コンテンツ フィルター、ポリシー、構成をクラウドケア プラットフォーム内の 1 つのビューから管理することもできます。拠点やユーザーの数に関係なく、追加の管理プラットフォームは必要ありません。

「コントロールと可視性に優れているため、お客様はセキュリティを確保しながら積極的にコンプライアンスを実証できます。ただ標準に準拠するだけでは、セキュアな環境は手に入りません。でもセキュア インターネット ゲートウェイとプライベート アクセスの両方があれば、高度なセキュリティを達成でき、Cyber Essentials や ISO 27001 のような業界標準へのコンプライアンスと認証を迅速に実証する能力を獲得できます」と Murray 氏は述べています。

結果

Simpson Associates 社は、Bleam 社とアバスト ビジネス チームのサポートを受けてセキュア インターネット ゲートウェイを展開しました。それは、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって各社が従業員の在宅勤務を義務付けられるほんの数日前のことでした。

Murray 氏によると、セキュア インターネット ゲートウェイは、Simpson Associates 社が必要としていたウェブ フィルタリング機能などのインターネット セキュリティ保護を提供しただけではありません。この製品により、同社は新型コロナウイルス感染症の影響で広まった未知の作業環境に備え、従業員全員にセキュアなリモート ワーク オプションを提供できました。

「Simpson Associates 社のチームは現在、ネットワークとユーザー全体をカバーする広範な可視性を手に入れています。ウェブの脅威を特定でき、職場を保護するセキュア インターネット ゲートウェイの高度な脅威対策をリアルタイムで把握できます」と付け加えています。「チームは、分析困難な暗号化ウェブ トラフィックを分析するためのツールや、監査要件を満たすために必要な適切な手段を特定し、時間と費用を節約しながら ISO 27001 などの厳格な認証を取得するためのツールを 1 つのプラットフォームから利用できます」

「セキュア インターネット ゲートウェイは間違いなく中小企業に特化した最初のクラウドベース インターネット保護機能です。また、新しい SASE(Secure Access Service Edge)市場で、完全に中小企業のセキュリティ ニーズと予算に適合するように設計された数少ないソリューションの 1 つです」

SASE(「サシー」と発音)ソリューションは、ネットワークのさまざまな機能とセキュリティ ポイント ソリューションを 1 つのグローバルなクラウド サービスに統合するソリューションです。Gartner 社のことばを借りると、SASE 市場セクターは企業のデジタル イニシアティブに欠かせない拡張性、スピード、アジリティを実現するソリューションを備えた未来のネットワーク セキュリティです。

Murray 氏は自らの体験を踏まえ、次のように述べています。「アバスト ビジネスは時代をはるかに先取りしており、これを中小企業と中小企業の MSSP、MSP にとって実行可能な選択肢として開発するビジョンを持っています」

ウェブサイト

www.bleamcybersecurity.co.uk

業界

マネージド セキュリティ、インシデント対応、セキュリティ コンサルティング

ビジネス ニーズ

エンタープライズグレードのクラウドベース エンドポイントおよびネットワーク セキュリティ保護の実行可能な選択肢を中小企業に提供すること

解決方法

アバスト ビジネス セキュア インターネット ゲートウェイ

結果

  • アバスト ビジネス セキュア インターネット ゲートウェイを利用して、顧客のウェブ セキュリティの向上、コンプライアンス目標のサポート、IT ツールの数の削減、投資収益率の向上を実現しました。
  • 顧客が、ウェブやその他の進化し続ける威に対する最大限の可視性と保護を備えた安全なリモート ワークの選択肢を迅速に提供できるようにしました。
  • 中小企業のクラウドベースのエンドポイントおよびネットワーク インターネット保護に特化して設計された SASE(Secure Access Service Edge)ソリューションであるキュア インターネット ゲートウェイを追加して、Bleam 社のセキュリティ ポートフォリオを強化しました。

実際、アバスト ビジネスのセキュア インターネット ゲートウェイが提供するセキュリティ保護機能と投資利益率に匹敵するソリューションは他にありません。

Bleam Cyber Security 社ケース スタディ