We support browsers, not dinosaurs. Please update your browser if you want to see the content of this webpage correctly.

クラウド アンチウイルス

クラウドベースのアンチウイルス ソリューションで、複数のデバイスをどこからでも保護できます。

クラウド アンチウイルスとは?

クラウドベースのアンチウイルスは、ウイルス対策の負荷を、個々のコンピューターから包括的な機能完備のアンチウイルス スイートを搭載したクラウドベースのサーバーに移行します。クラウドにアンチウイルスを設置すれば、常駐型のアンチウイルス ソフトウェア ソリューションによって各コンピューターの処理速度が低下するのを防ぐことができます。

クラウドベースのアンチウイルス ソリューションの利点

お使いのデバイスに未検知のウイルスがあったり、安全でないネットワークを使用したりすると、社内ネットワークやその他のエンドポイントが感染するおそれがあります。従来型のエンドポイント向けソリューションでは、各ユーザーのデバイスにソフトウェアをダウンロードする必要がありました。しかし、クラウドベースのソリューションではこれをリモートで実施でき、ランサムウェアなどのマルウェアやウイルスが社内ネットワークに侵入するのを未然に防ぐことができます。さらに、スキャンの実行とウイルス シグネチャの更新がリアルタイムで自動的に実施されるため、常に最新の保護を適用できます。

従来のデバイス常駐型アンチウイルス ソフトウェアは、アップデートの実行時には特に、コンピューターの処理速度を大幅に低下させる可能性があります。さらに、アップデートの責任は各ユーザーに委ねられますが、時間を要して生産性に影響を及ぼしうることを理由に、実施しないユーザーが多いのが現状です。しかし、アンチウイルス ソフトウェアのアップデートを怠ると、企業全体をリスクにさらすおそれがあります。クラウドベースのアンチウイルス ソフトウェアはクラウド上でソフトウェアを提供するため、このような問題を回避できます。

クラウドベースのアンチウイルス ソフトウェアでは一元管理が可能なため、効率性と保護性能が向上します。クラウド管理コンソールとクラウドケアのいずれにも、新規デバイスの登録、デバイスの削除、承認されていないデバイスや疑わしいデバイスのアクセス ブロックといった機能が備わっています。セントラル プラットフォームでの一元管理により、社内のアンチウイルス プログラムを常に最新の状態に保つことができます。クラウドベースのアンチウイルスがウイルス定義を自動更新するため、IT チームはスキャン実行時に最新の定義がダウンロードされているかどうか心配する必要はありません。

さまざまな管理プラットフォームを提供しています

アバスト ビジネスには 2 種類のマネージド セキュリティ プラットフォームがあり、セキュリティ エコシステム全体を完全に制御して可視化するために必要なツールと情報が提供されています。直観的に使える配信プラットフォームにおいて適切なレイヤーを組み合わせることによって、複雑な操作を行うことなく、優れた保護を実現します。貴社のビジネスに適したセキュリティ プラットフォームを次の中からお選びください。

管理コンソール

管理コンソール

管理コンソール

アバスト ビジネスの管理コンソールは、クラウドとオンプレミスのどちらでも使いやすいプラットフォームを必要とする小規模ビジネスに最適で、複数のエンドポイントに迅速にアンチウイルスをデプロイして継続的に監視を行い、高度な保護を提供するために必要な情報を取得できます。

使いやすいインターフェース
基本的なレポート機能
ポリシー管理
リモート デプロイ
クラウドケア

クラウドケア

クラウドケア

クラウドケアは、エンドポイントとネットワーク セキュリティ サービスを組み合わせて、1 つのプラットフォームで脅威の監視と問題の解決を行う SaaS プラットフォームです。セキュリティ サービスには、セキュア ウェブ ゲートウェイ、Eメール セキュリティ、アンチウイルス、クラウド バックアップなどがあります。

ダッシュボードの一元化
詳細なレポート機能
リモート IT サポート
サードパーティ統合

クラウドベースのソリューションについてご不明な点がある場合

アバスト ビジネス クラウド ベースのアンチウイルスは、社内ネットワークの全デバイスをクラウドで保護します。個々のデバイスにアンチウイルス ソフトウェアをデプロイしないため、処理速度が落ちることはありません。アバスト ビジネス スタンドアロン アンチウイルスは、アバスト ビジネス管理コンソールまたはクラウドケアのいずれかを通じてデプロイし、管理できます。いずれのマネージド セキュリティ プラットフォームも、即時アラートと継続的な監視でセキュリティの向上をサポートします。管理コンソールは比較的小規模の企業に適しています。より多くのセキュリティ サービスと機能を有するクラウドケアは、中規模の企業と IT サービス プロバイダーに適しています。

アバストのクラウド ベースのビジネス用アンチウイルスは、複数のデバイスを保護します。インターネット接続と、管理コンソールまたはクラウドケアのログイン情報さえあれば、どこからでもお使いのデバイスとネットワークを管理できます。インストール後に新規の各デバイスをアクティベートすることで、不明なデバイスが自動的にコンソールに追加されるのを防ぎます。不審なデバイスはいつでも削除できます。

3 つの保護レベルからお選びいただけます。アンチウイルス、アンチウイルス プロ、アンチウイルス プロ プラスいずれのクラウド アンチウイルス ソフトウェアも、ファイアウォール、メール シールド、アンチスパムなどの機能を備えています。プロとプロ プラスにはサーバー保護とデータ抹消の機能も含まれています。データ抹消とは、ランダム データで複数回上書きすることにより、データを永久に削除する機能です。プロ プラス限定の機能は、セキュアライン VPN、パスワード プロテクション、ウェブカメラ シールド、ブラウザ クリーンアップです。

管理コンソールからマネージド アンチウイルスをデプロイするには、次の 3 種類のプランのいずれかの購入または試用を選択します。アンチウイルス、アンチウイルス プロ、アンチウイルス プロ プラス選択すると、管理コンソールのダッシュボードが開きます。ここからお使いのネットワークのステータス概要やデバイスの設定を確認し、その後お使いのデバイスにインストーラーをデプロイします。最後に、新たに追加したデバイスをアクティベートします。

クラウドケアで利用可能な唯一のマネージド アンチウイルス オプション、アンチウイルス プロ プラスは、デバイス、データ、個人情報を完全に保護します。開始するには、クラウドケアのページに移動して無料トライアルのサインアップを行います。アバスト ビジネスの担当者がプラットフォームの確認についてご連絡し、お客様のアカウントを作成したら、ログイン情報を記載したメールをお送りします。